エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン、福岡市とAS365 N3+の契約締結

en jp

13 October 2016

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン、福岡市とAS365 N3+の契約締結
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社は13日、福岡市とAS365N3+1機の契約を締結したことを発表しました。このAS365N3+は、現在福岡市消防局で運航されているAS365N2の更新機となります。引き渡しは2018年春の予定です。 福岡市消防局は現在、消防防災任務向けにAS365N2とAS365N3+を1機ずつ運航しています。福岡市は1990年に初めてドーファンファミリーを導入しました。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は以下のように述べました。「九州地方での消防および救急活動で重要な役割を担う福岡市へAS365N3+が導入されえることを大変嬉しく思います。さらに高機能を備えたAS365N3+が福岡市消防局の任務に多大な貢献を果たすことができると確信しています。また、お客様の安全運航をサポートできるよう引き続き尽力して参ります」

現在、日本ではドーファンファミリーが合計54機(AS365が50機、H155が4機)運用されています。全国の警察機関ではAS365が7機配備されている他、消防防災機関では23機のAS365が運用されています。

中型双発ヘリコプターのドーファンには高速飛行、低騒音、低振動を実現する先進技術が採用されています。エアバス・ヘリコプターズの特徴の一つでもある、「フェネストロン」が搭載され、広々とした快適なキャビンには最大15名(操縦士2名、乗客13名)が搭乗可能です。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンについて

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社(旧ユーロコプタージャパン/本社:東京都港区、代表取締役社長 ステファン・ジヌー)は、2009年に設立されました。海外の航空機メーカーとして初めて、機体の販売からアフターサポート、訓練に至るまで、自社による一貫したトータルサポートを提供。従業員数280名、東京や神戸をはじめ国内に4つの拠点を有します。日本で50年以上の実績があり、国内市場シェアは約55%を有しています(民間・官公庁市場)。エアバス・ヘリコプターズ製ヘリコプターは現在国内で320機以上が運航されています。エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは、より一層、空の安全性・有用性・経済性を高め、お客様と日本社会に貢献し続けます。

» www.airbushelicopters.asia


Medias:


For more information, please contact:


Guillaume Steuer
Tel.: + 33 (0)4 42 85 98 92
Mob.: + 33 (0)6 73 82 11 68
Belinda Ng
Tel.: + 65 6592 7217
Mob.: + 65 9683 6361
Takahiro Nosaka
Tel.: + 81 (0)3 5775 0129
Mob.: +81 (0)90 9131 8046