警察庁、新規ヘリコプターを5機発注

en jp

24 June 2020

警察庁、新規ヘリコプターを5機発注
警察庁、新規ヘリコプターを5機発注
エアバス・ヘリコプターズは、警察庁が機体更新にともないH225を1機およびH135を4機、新規発注したことを発表しました。

国内の警察関係機関は現在H135を12機、H155を4機そしてAS365を6機運航し、警察任務、人員輸送、物資輸送、災害派遣、広域応援等で活躍しています。さらに今後H215が1機、そしてH225が2機導入される予定で、今回の5機の新規発注を含めてエアバス機は合計30機に増加します。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのギヨム・ルプランス最高執行責任者兼社長は次のように述べました。「30年以上にわたり警察航空隊任務においてエアバスの小型双発機、中型機そして今後大型機が運航され、誠に光栄に思います。長年にわたって構築された警察庁との信頼関係に感謝いたします。そして警察庁がスーパーピューマ・ファミリーの新しいオペレーターとして加わる事を大変嬉しく思います。今回の発注により運用機数が増加するだけでなく、大型双発ヘリコプターの高い多用途性が加わり、ヘリコプターでの警察任務が強化されると確信しています」

H135は、コンパクトなキャビン、優れた操縦敏捷性と信頼性を備え、市場をリードする多用途向け小型双発ヘリコプターです。その高い稼働率は警察任務において最適な特性を発揮します。エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは、神戸事業所内のトレーニングセンターにて、日本国内外のお客様に対してEC135P2+フル・フライト・シミュレーターの訓練を提供しています。現在、日本国内では合計94機のH135ファミリーが運用されています。エアバス・ヘリコプターズはこれまで、世界300近くのオペレーターへ1,375機以上の同ファミリーを納入し、その総飛行時間は540万時間以上にのぼります。

H225はエアバス・ヘリコプターズのスーパーピューマ・ファミリーの中で、最も新しい11トンクラスの双発ヘリコプターで、クラス最高のパフォーマンスを発揮します。世界中であらゆる天候下で運用され、総飛行時間は570万時間以上にのぼります。特に高速性能、航続性能に優れており、用途に応じた多様な装備品の搭載も可能です。国内においては28機のスーパーピューマ・ファミリーが防衛省や官公庁、民間において、捜索救難救助、VIP輸送、消防防災、物資輸送等で活躍しています。

エアバスについて
エアバスは航空、宇宙、その他関連ビジネスにおいて世界をリードするグローバル企業です。2019年の売上は700億ユーロ。約13万5,000人の従業員を擁します。旅客機は幅広いラインナップを取り揃え、また、タンカーや戦闘機、輸送機、特殊任務機を提供する他、宇宙分野でも世界を代表する企業の一社として事業を展開しています。ヘリコプター分野においては効率性の高い民間・軍用ヘリコプターを世界中で提供しています。

Medias:


For more information, please contact:


Takahiro Nosaka
Tel.: + 81 (0)3 5775 0129
Mob.: +81 (0)90 9131 8046
Belinda Ng
Tel.: + 65 6973 2384
Mob.: + 65 9683 6361
Laurence Petiard
Tel.: +33 4 42 85 25 45